結婚したかった理由☆私の場合

私が結婚したかった理由は、ちょっと変わっているかもしれません…。当時、友達に言ったらびっくりされましたから(苦笑)。でも、私には明確な理由だったんです。

実は私はとても怖がりで、歯医者さんで麻酔をされるのが怖いぐらいなんです。

なぜ歯医者の麻酔が怖いか? 子供の頃だったと思うので、今ではうろ覚えなんですけど。昔のニュースで、歯医者さんに麻酔をされて亡くなった人がいたという記憶があるからです。

ですから、歯医者さんにかかるときには、大人になってからでも麻酔されるのを拒否していました。麻酔の注射をして歯を削られるのが嫌で、歯が悪くなる前に歯医者さんに書け込むスタイルに変えたほどです。

人によっては、痛い思いをして歯を削られるぐらいだったら、麻酔の注射をして痛みを感じないようにしてくれる歯医者さんの方が名医だと思う人もいるようですが、私は違います。麻酔をしないで、私のリクエストを聞いてくれるのが名医だと思ってます(笑)

だから、いつか全身麻酔をして手術を受けなければいけないような病気になった時、いったいどうしたらいいのかが悩みでした。

麻酔のミスで、手術後に目覚めることができなくなったらどうしよう?と心配で、怖かったんです。

今思えば、「考えすぎ」ということが分かります。麻酔のミスを心配するより、手術そのものの成功率とか考えてなかったんだな~と思うぐらいです。

でも、当時はまだ健康だったことと、それ故に自分が全身麻酔されて手術を受けなきゃいけないことを想定するだけで怖かったんです。(๑• . •๑)?

自分が若い時ならば両親もまだ元気なので、手術の時に付き添ってくれるはずですが、両親が年老いてしまったり、亡くなってしまった時にどうしたらいいのか…。

自分がアラフォーになって、両親も年をとるにつれ、そこが不安で不安で仕方がなくなってきたのです(´ω`;)

手術をする直前に、自分のベッドの傍らにいて「大丈夫だよ」と言って私を安心させてくれる「夫」を見つけなければいけない、と強く思ったのでした。

単純な理由でしょう~٩(๑^o^๑)۶

結婚したいっていう理由なんて単純なんです。

でも、私の場合は「年老いた両親の代わりに、手術前の私の傍で、『大丈夫だよ』と言ってくれる夫」が絶対に必要だという明確な理由があったので、婚活に疲れて止めたくなっても、踏みとどまることができました。

夫を見つけなければ、私の不安は消えないと思ったからです。

では、なぜ夫ではなく、ボーイフレンドではダメだったのか?

ボーイフレンドの場合は法律的な縛りがないので、つきあうのも別れるのも簡単だけど、結婚したら離婚するのは結構大変だから長続きするはずだ、と思い込んでいたからです。

いま思うと、結婚したからと言って、夫婦仲が長続きするかどうかはわからないですけどね。でも、今だからこそわかるのは、法的に結婚していると入院の際の保証人だったりもなれますが、事実婚だとその辺が難しかったりするという事情もわかってきました。まあ、当時の幼い考えもあながち間違っていなかったということですね(^^)/

結婚したい理由を明確化しておく。これが、婚活がブレないコツだと思います。

タイトルとURLをコピーしました