らくらく分配金生活♡J-REIT(ジェイリート)

コロナ禍で株価が大幅に下落し、今年春ごろから株式投資を始めたり、再開した人もいるようですね。

ちなみに、株価だけでなく、J-REIT(読み方はジェイリート)の価格もコロナ前に比べると安くなっています。

株と同じように株式市場で売買できるので、J-REIT投資を始めてみてはいかがでしょう?

J-REITは不動産投資の1種なので、ざっくりしたイメージで言うと、J-REITを購入するということは小口資金で大規模大家さんの仲間になる感じ。

分配金利回りも3~7%と、株式投資よりも高配当なものが多いです。少額から始められます。現物不動産と違って、融資が降りにくい今でも挑戦できます!

簡単にJ-REITの特長を書くと、現物不動産に比べて手間が少なくて楽です。

現物の不動産を買う場合、初心者は「千三つ」と聞いたことがないですか? 1つの物件を買えるまでには、まず1,000の物件を調べて、そのうち3つぐらいが購入しても良いと思える物件に出会える、という意味。

慣れてきたらそこまでにはならないまでも、物件情報を集め、現地調査をし、指値をして、玉砕して、また調査をして、指値して、ようやく購入。

そこから、リフォームをどこまでするか考えて、見積もりを取り、リフォームやDIYして、貸し出せる状態になる。そして、賃貸仲介店に情報を提供して、借りてもらう、と長い道のりです。

J-REITは「不動産投資信託」という証券市場に上場している金融商品。株式と同じく、ネット証券などですぐに買えます。

きつい指値を入れてもOK。指値がきつすぎて買えない場合は当然あります(笑)

でも実物不動産の指値をする時のように、ドキドキしながら営業マンに恐る恐る指値を言わなくても、機械的に入れれば良いだけなので気が楽です!

また、株式投資の場合、上場している会社は3,000社強あります。でも、J-REITは2020年11月現在で62法人しかありません。数が少ないので選びやすいです。

タイトルとURLをコピーしました