インフラファンドがESG投資で人気!

未分類

最近、利回りが高い「インフラファンド」の人気が高くなってきています。
インフラファンドとは、ざっくり言うと「太陽光発電で運用するファンド」のこと。

日照量は季節的な変動がありますが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けません。そのため、インフラファンドはコロナ禍でも安定的な収益を上げています。

J-REITの分配金(株式投資の「配当金」と同義)は、銘柄によりますが、現在の利回りは0~6%です。ホテルに投資をしているJ-REITは非常に低い利回りですが、大体のJ-REITは株式投資よりも配当が高い銘柄が多いです。

ところが、インフラファンドの銘柄の利回りはすべて5~6%です。そして、投資口価格(株価と同義)は1口10万円前後なので、買いやすい金額なのです。

J-REITと違う点や注意する点も含めて、インフラファンドがどんなものか説明します(*^^*)

インフラファンドは、J-REITと同じく、東京証券取引所に上場しています。
東証にインフラファンド市場が創設されたのは2015年です。

理由は、公的なインフラ施設の整備・運営に民間資金やノウハウが求められたことや、経済状況の影響を受けづらいインフラ資産への投資ニーズの高まったこと、世界でインフラ資産を対象とした市場が整備され始めたからです。

J-REITは、オフィスビルや住宅、物流施設、ホテルなどの「不動産」に投資して、利益を得ます。
インフラファンドの場合は、「インフラ資産(太陽光発電設備など)」に投資して、利益を得ます。

インフラファンドが投資する「インフラ資産」は、

■再生可能エネルギー発電施設:太陽光、風力、地熱、バイオマス、中小水力など
■公共施設等運営権(コンセッション):インフラ資産に係る運営権
■運輸関係:道路、空港、港湾施設、鉄道、エネルギー船
■エネルギー関係:発電所、石油ガスパイプライン
■その他:上下水道、無線設備など

しかし、日本のインフラファンドが投資しているのは今は「太陽光発電」だけ。
太陽光発電などのインフラ資産は、景気変動の影響を受けにくいのです。

※「東証公式Jリートガイドブック」から

タイトルとURLをコピーしました